ご意見・ご感想

工業経済は安定さの中で好転する発展態勢を維持

発表時間:2018-07-30 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:国家統計局

  供給側の構造的改革の深化につれて、工業生産は安定さの中で好転し、構造が最適化され、利益が改善され、工業経済が安定さの中で好転することを支援する有利な要素が増えている。 

  一、工業生産は安定さの中で好転 

  5月、全国規模以上の工業増加価値は前月比で実際に6.8%増加し、前年同期比で0.3%上場した。1-5月、工業増加価値は前月比で6.9%増加し、1 - 4月と同様なレベルを辞し、前年同期比で0.2%上昇した。 

  業界別から見れば、5月、41種の工業大類業界のうち、36つの業界の増加価値は成長態勢を維持し、87.8%上昇した。そのうち、電子、自動車、電力、医薬、タバコなどの主要業界は二桁以上の成長率を実現した。 

  製品別から見れば、統計された596種の主要工業製品のうち、368種が前年同期比で上昇し、成長率61.7 %に達した。太陽光電池、光ファイバー、新エネルギー自動車、工業ロボット、集積回路、民用無人機などの新興製品が急速に成長している。鋼鉄、有色金属、発電量などの高消耗製品の成長も加速している。 

  二、工業経済が安定さの中で好転する発展態勢を多要素が支援している 

  生産側から見れば、5月、工業電気使用料は前年同期比で10.8%上昇し、前月を3.5%上回った。銅損を除いた工業電池使用量は11.4%上昇し、前月を5.5%上回り、工業生産の活躍度の強化を現している。 

  物流側から見れば、5月、貨物回転量は前年同期比で8.2%上昇し、前月を6.3%上回った。貨物量は前年同期比で8.5%上昇し、前月を1.1%上回った。そのうち、鉄道貨物運送量は前年同期比で11.8%上昇し、前月を10.4%上回り、工業品の貨物運送量の増大を現している。 

  需要側から見れば、5月、工業生産者物価指数(PPI)は前年同期比で4.1 %上昇し、2カ月連続で上昇し、前月比で0.4 %上昇し、4カ月で初めて低下から上昇へと転向し、工業製品需要の強化を現している。 

  税収側から見れば、1 - 5月、工業増値税は前年同期比で16.6 %増加し、1 - 4月より0.8%加速している。専用設備、汎用設備、鋼白地鋼材、建築材料、原油、製品油、化学製品などの業界企業の所得税はいずれも二桁以上のスピードで成長している。 

  投資側から見れば、1-5月、製造業投資は5.2%上昇し、1-4月を0.4%上回り、そのうち、ハイテク製造業投資は9.7%上昇した。 

  三、工業経済構造が最適化され、利益が改善され 

  構造が引き続き最適化されている。1-5月、ハイテク産業と装備製造業の増加価値は、それぞれ前年同期比で12 %と9.3%増加し、規模以上の工業を5.1 %、2.4 %上回った。ハイテク産業と装備製造業の増加価値は、規模以上の工業に占める割合はそれぞれ12.9 %と32.3 %で、前年同期比で0.8 %と0.3%上昇した。 

  利益と効果が引き続き改善されている。1-4月、全国規模以上の工業企業の主要営業収入利益率は6.24%、前年同期比で0.24%上昇した。4月末、規模以上の工業企業の資産負債率は56.5%、前年同期比で0.7%低下した。前年同月比で計算すれば、2018年1-4月、全国規模以上の工業企業の主要業務収入は10.5%増加し、成長率は1-3月を0.9%上回った。利益は15 %増加し、1 - 3月より3.4%加速している。工業利益の成長は速く、主に生産販売の成長が速く、PPIの回復、鋼鉄などの大口商品が所属する業界の促進作用などの要素からの影響を受けている。 

関係論文