ご意見・ご感想

昨年我が国の飲食業の収益は2016年同期比10.7%伸びた

発表時間:2018-02-28 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:「人民日報」(2018年1月22日)

  国家統計局の発表した最新のデータによると、2017年、我が国の飲食業の収益は3兆9644億元、前年2016年同期比10.7%伸びた。 

  昨年、通年で飲食業の収益は社会消費財小売り額を0.5%を上回った。 

  特色のある飲食が質の高い発展の特徴が明らかだ。飲食業は全体としては2つの方向へ進み、一方では、ユニークな、文化的香りするもので、個別化・多様化・社交目的の消費者ニーズ、他方で、チェーン店の飲食小売り、工場化志向でスピーディな、利便性・簡便性を求める消費者ニーズを満す。オンライン・テイクアウト市場は高い成長率を維持した。Meituan技術チーム(美団点評)の発表されたデータによると、年に中国のオンラインのテイクアウト市場規模は2046億元に達し、23%増で、オンライン予約・購入のユーザー数が3億人に上り、2016年同期比18%伸びた。新しい飲食は業界の主なイノベーション・エンジンとなった。 

関係論文