ご意見・ご感想

企業の収益は引き続き改善

発表時間:2018-01-03 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:『人民日報』(2017年11月28日)

  国家統計局の11月27日発表された工業企業財務データによると、今年の10月、一定規模以上の工業企業収益は同期比23.3%増、伸び率が1~9月のそれを0.5%上回るとともに、赤字企業の赤字総額は前年同期比18.1%下回った。 

  国家統計局工業司何平博士が次のように分析し、工業企業収益はより速く伸びを維持するとともに、企業収益も引き続き改善されている。 

  コスト費用が引き続き下がり、収益率は引き続き上昇している。1~10月、一定規模以上の工業企業の百元あたりの本業収益におけるコスト費用は92.84元で、前年同期比0.51元下がった。1~10月、工業企業の本業収益率は6.24%で、前年同期比0.55を伸びた。 

  赤字企業は減少し、赤字額が減っている。10月、一定規模以上の工業企業において、赤字企業は前年同期比1.6%減り、赤字企業の欠損総額は前年同期比18.1%下がった。 

  資金の回転は速まり、営業効率は引き続き高まった。10月末までの一定規模以上の工業企業の売掛金平均回収期間が38日で、前年同期比1日減った。完成品在庫の回転期間は13.9日で、前年同期比0.6日減った。1~10月、工業企業の百元あたりの資産が実現した本業収益は112.1元で、前年同期比4.6元増えた。 

  企業の脱レバレッジが進んで、経営リスクが引き続き下がった。10月末、一定規模以上の工業企業の資産負債率は55.7%で、前年同期比0.5%下がった。その中、国有持株企業の資産負債率は60.9%で、前年同期比0.5%下がった。 

  石炭、鋼鉄、化学工業、石油などの業界の収益増が多くみられた。1~10月、石炭採掘・洗鉱業、製鉄・圧延加工業、化学原料と化学製品制造業、石油天然ガス採掘業の4業界の新規収益が計6034億元増え、すべての一定規模以上の工業企業の収益増への寄与率は51.2%であった。 

  ハイテク制造業、工業の戦略的新興産業はより速い成長を維持した。1~10月、ハイテク制造業の本業収益が前年同期比13.6%増え、すべての一定規模以上の工業企業のそれを1.2%上回った。大まかな推計によると、1~10月機関、工業の戦略的新興産業の本業収益は前年比13.1%増で、すべての一定規模以上の工業のそれを0.7上回った。 

関係論文