ご意見・ご感想

10月の消費市場が安定しながらより速い伸びを維持した

発表時間:2017-12-06 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:『人民日報』2017年11月17日

  国家統計局のデータによると、10月、全国の社会消費財小売総額は3.42兆元に達し、前年同期比10%増で、前年同期と同じレベルを維持していた。1~10月、累計同期比10.3%増で、前年同期と同じレベルを維持した。 

  商務部市場運行司責任者は次のように指摘し、10月、全国消費市場は安定しながらより速い伸びを維持し、それは主に以下の特徴が見られ、1、オンライン・オフラインの小売りともより良い発展の勢いが現れ、2、ロング国慶節連休期間のサービス消費と一部商品の販売が旺盛で、3、消費価格がある程度上昇していた。 

  同責任者は、国民の経済の動きが安定を保ちつつ好調に向かう発展の態勢の維持に従って、品質・効率は着実に向上されて、生産・需要が安定を保ちつつ、就職は引き続き好調に向って、物価が全体として安定的で、今後消費市場が安定を保ちつつより速い成長を維持し、年間所期の目標は順調に達成することが見通しだ。 

  その外に、商務部合作司責任者は16日に、次のように紹介し、1~10月、我が国の国内投資家は世界の160ヵ国と地区における5410社の国外企業への金融分野以外の新規対外直接投資が、計863.1億ドルに達し、同期比40.9%減ったが、非理性的な対外投資は更に効果的に抑制されたと語った。 

  同責任者は、1~10月期の対外投資協力は主として以下の特徴が見られ、1、「一帯一路」沿線諸国に対する投資協力が着実に推し進められ、2、対外投資の縮小幅が狭くなり、業界構造は持続的に最適化され、3、対外工事・労務請負契約の新規大型プロジェクトの調印が増え、輸出を促す役割が明らかである。 

関係論文