ご意見・ご感想

中国経済が

発表時間:2017-11-03 | 字体拡大 | 字体縮小

著者:陸亜楠 | 出所:『人民日報』(2017年10月11日)

  10月10日に開催される国家新聞弁公室の記者会見では、「今年中国は約6.5%の所期発展目標を実現するに違いありません。中国経済の安定さの中に好転する動向に変わりはありません。通年はより良い結果を得るでしょう。」と国家統計局局長の寧吉喆氏が述べている。 

  中国の世界経済成長に対する貢献率は世界第一位 

  2013年~2016年、中国のGDPは年間で7.2%成長し、同期世界の2.6%と発展途中経済体の4%の平均成長率を上回った。 

  「過去数年、中国は7.2%の年間平均経済成長率、2%のインフラ率、5%ぐらいの調査失業率を実現し、比較的に高い成長率、比較的に多い雇用、比較的に低い物価という運営構造は珍しいです。世界範囲では   」と寧吉喆氏が述べている。 

  総合的国力が強化している。2016年、国内総生産は74兆元に達し、不変価格で計算すれば、2012年の1.32倍になった。 

  成長貢献率は世界第一位を占めた。2016年、中国のGDPは世界経済総量の14.8%を占め、2012年より3.4%上回り、世界の第二位を占めた。2013-2016年、中国が世界経済に対する貢献率は30%に達し、アメリカ、ユーロ圏と日本貢献率の総額を上回り、世界の第一位を占めるようになった。 

  経済成長につれて、構造が最適化され 

  サービス業は国民経済の半分を占めている。2016年、第三次産業の増加価値は国内総生産の51.6%を占め、2012年を6.3%上回った。今年の上半期、第三次産業の増加価値は生産総額の54.1%を占めるようになった。 

  消費は経済成長の主な牽引力となった。2013―2016年、最終的消費が経済成長に対する年間平均貢献率は55%に達し、資本形成貢献率を8.5%上回った。内需は経済発展の主な支えとなった。 

  都市・農村の協調的発展は新しい姿を示した。2016年の年末に、中国常住人口の都市化率は57.35%で、2012年の年末を4.78%上回り、都市・農村の住民所得の格差は2012年より0.16%縮小した。 

  新発展理念で経済社会発展の実践を促進 

  過去の五年間、中国経済は非常に複雑な国内外環境に直面しており、いかに輝かしい成果を獲得するだろう。 

  新発展理念で新常態を促進する。革新を例にすれば、2016年、国内外特許申請の受理量と特許権の授与量はそれぞれ2012年を69.0%、39.7%上回った。2015年、「三新」を反映する経済増加価値は全国GDPの14.8%に相当する。 

  「過去の五年間、党中央、国務院の要求に従い、新発展理念で経済社会発展の実践を促進し、中国発展の段階的特徴を把握してきました。既存の各種の矛盾と問題の解決に有利で、中国の発展は今の実力のみならず、見通しもあかるいです。」と寧吉喆氏が述べている。 

  供給側の構造的改革は着実に推進され、モデルチェンジ・グレードアップが加速 

  生産能力削減のプロセスは順調だ。今年の1-7月、鋼鉄の生産能力削減はすでに所期目標任務を完成し、1.28億トンの石炭生産能力を削減し、85%の通年目標任務を完成した。 

  在庫品減少の効果は明らかだ。今年の8月末、物件の販売面積は前年同期比で12%低下した。 

  レバレッジ率の軽減は安定だ。今年の8月末、規模以上の工業企業の資産負債率は前年同期比で0.7%低下した。 

  コスト低下の効果は明らかだ。今年の1-8月、規模以上の工業企業の百元あたりの主要営業業務収入のコストは前年同期比で0.12元低下した。 

  短所の補いのハイライトが強調される。今年の1-8月、生態保護と環境管理業、公共施設管理業、農業投資は前年同期比でそれぞれ28.2%、24.3%、16.1%上昇した。 

  農業の供給側の構造的改革は穏やかに推進される。2016年、食糧の生産量は61625万トンで、4年連続で1.2兆斤台を保ち、生産構造は優位性の持つ地区に集中している。 

  「供給側の構造的改革という主線をつかみ、生産能力の削減、在庫品の減少、レバレッジ率の軽減、コストの低下、短所の補いは、一部の具体的な業界の供給状況を転換したのみならず、全ての経済供給の均衡にも有利だ。」と寧吉喆氏が述べている。 

  住民のエンゲル係数は30.1%で、裕福の標準に近づいている 

  党の十八大以来、民生改善の効果が著しく、発展成果が全民に利益をもたらし 

  所得が上昇した。2016年、全国の住民の一人当たりの可処分所得は238212元で、2012年より7311元上昇し、年間で7.4%上昇した。2017年の上半期、住民の一人当たりの可処分所得は前年同期比で7.3%上昇した。 

  消費がより盛んになった。2016年、中国住民のエンゲル係数は30.1%で、2012年を2.9%下回り、国連が設けた20%~30%の裕福基準に近づいている。 

  正確な貧困扶助効果は著しい。一人一年に2300(2010年の不変価格)元の農村貧困基準で計算すれば、2016年の農村貧困人口は4335万人で、2012年より5564万人減少した。 

  社会保障システムの構築は改善された。2016年、個人衛生支出が衛生総費用に占める割合は30%以下まで低下し、基本的な医療保険は国民全体に関わり、都市・農村住民の社会保障システムは基本的に構築された。 

  社会事業は全面的に進歩した。住民の教育レベルは引き続き向上した。中国の15歳以上の人口の平均教育年限は2010年の9.05年から2015年の9.42年まで上昇した。医療衛生条件は改善され、住民の平均の所期寿命は2010年の74.83歳から2015年の76.34歳まで上昇した。 

関係論文