ご意見・ご感想

企業のレバレッジ率が安定さの中で低下し

発表時間:2017-10-23 | 字体拡大 | 字体縮小

著者: | 出所:『人民日報』(2017年09月26日02版)

  25日、国家発展改革委員会の関係者によると、レバレッジ率の解消に関する各種の措置の綜合的作用によって、中国企業のレバレッジ率は安定さの中で低下し、債務リスクも低下し、次のレバレッジ率解消作業は国有企業のレバレッジ率解消を主な方向にする見込みだ。 

  国家発展改革委員会の関係者によると、中国の債務リスクが低下していることは次のよう面に現れている。まず、中国レバレッジ率の上昇スピードは明らかに緩和し、安定になっている。国際決済銀行の最新データによると、2017年の第1半期の末までに、中国のレバレッジ率は257.85で、前年同期比が前半期の末を4.7%下回り、4つの四半期連続で低下している。前月比の伸び幅は前四半期の末を0.8%下回り、5つの四半期連続で低下している。また、中国企業のレバレッジ率も低下し始めた。2017年第四半期の末、中国非金融企業のレバレッジ率は165.3%で、3つの四半期連続で前月比が低下したり同じような水準を保ったりして、非金融企業のレバレッジ率の低下動向がさらに確率された。 

  また、中国のマイクロレバレッジ率も低下している。今年の7月の末までに、中国規模以上の工業企業の資産負債率は55.8%で、前年同期比で0.7%低下し、企業資産負債率の高すぎる問題も徐々に緩和されている。実体経済利益の改善もその表れの一つだ。工業企業は構造的インフレの影を脱離し、市場需要が回復し、規模以上の工業企業の主要営業業務収入の利益は6%以上上昇し、利益の成長率は20%に達し、企業発展の自信と動力も強化された。 

  次のレバレッジ率解消重点作業に関して、国家発展改革委員会の関係者によると、国有企業のレバレッジ率解消を主な方向にすると同時に、ゾンビ企業の整頓をレバレッジ率解消の重要なルートにし、企業の合併をさらに維持し、市場化債権の株式転換がさらに総合的役割を発揮するように推進する見込みだという。また、市場化債権の株式転換はすでに良い開局を獲得し、9月22日までに、各種の実施機構はすでに77軒の企業と市場化債権の株式転換枠組協議を締結し、金額が1.3兆元を超えている。 

関係論文